前回の1次元ランダムウォークに引き続き、今回は2次元ランダムウォークをRuby + Cairoでプログラムしてみたいと思います。

 

2次元ランダムウォークは粒子のランダムな移動をシュミレートしたものになります。

 

 

 

f:id:santamalia:20160219152504p:plain

 

時間によって描画結果が変わります。

 

f:id:santamalia:20160219152513p:plain

 

  • プログラム自体は前回とほぼ同じですが、2次元なので、変数がx,yの2種類になってます。
  • x,yの増加量はそれぞれsin,cosで算出しています。

 

初心プログラマーの方にはもってこいの問題だと思うので、ぜひ試してみてください。