今日は暖かかったですね~。

私のところでは20℃ぐらいになりました。

でもでもでもでも・・・

 

 

 

 

いらっしゃいまし~♪

京りおいです。

今回は比率のお話。

 

顔を描いているときにな~んか変!

バランスが悪い!

アタリとって配置は良いはずなんだけど

なんか納得いかない!

なんてことないですか?

 

私はあります。今でもたまに起きます。

あ~なんか変! ゴシゴシ・・・

もう一回!でもやっぱ変! ゴシゴシゴシ・・・

次こそ!違うんだよなぁ~ ゴシゴシゴシゴシ・・・

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・・

こうなると紙が限界を迎え、

次ゴシったら紙が破ける寸前までいきます。

完全にハマってますね・・・

 

シックリこない原因は

目の角度や上まぶたの描き方、白目の形など

考えればいくらでも出てきますが

これらはハマってしまう罠があります。

それはどれも目の描き方にだけ焦点を当てている

ということです。

 

でも実は描き方が原因ではなく他に原因があるのかもしれません。

それは比率です。

顔全体を見てその中で目の占める割合がどれくらいの比率なのかを

調整することでバランスが取れるようになったりします。

この比率はきっちり顔の〇%と決めることはできません。

そのため、自分が好きなイラストを見て

どれくらいの比率を使っているのかを調べてみる必要があります。

 

そうすると自分のイラストのバランスが急によくなったりします。

目のことでハマっている時は比率に注目してみてくださいね。

 

 

 

 

とてもじゃないが陽気な天気にはなりませんでした。

風がビュウビュウとふき荒れ洗濯物が飛んでいくわ

窓がガタガタと音を立てるわで大変でした。

あとで聞くとどうやら春一番らしきものが

ふいていたらしいです。